福岡 パーソナルトレーニング ダイエット

ビューティーボディラボ博多

なぜヒップ&ウエスト?


ビューティーボディラボ博多が、特に焦点をおいている身体の部位『ヒップとウエスト』について説明しているページです。

 

当スタジオが『ヒップ&ウエスト』にフォーカスして提供している理由は

 

1:スポーツクラブに何年も通っているにも関わらず女性会員様の悩みナンバーワンが『下腹(下腹部)のウエストが締まらない』

 

2:女性の魅力度を判断する部分がヒップとウエストであり時代が変化しても変わることのない不変的な魅力規定である為

 

3:女性経営者のレディススーツ・ブラウス・タイトスカートを着こなすにはヒップ&ウエストが最重要である為

 

これらを元に、女性の方々へトレーニング指導を行っております。

 

この下腹部の悩みは、現在スポーツクラブに通う女性会員の悩みトップであると同時に、40代からの女性の悩みの一つでもあります。

 

 

『なぜヒップ&ウエスト?』目次

 

下腹部が出てしまうメカニズム

 

下腹部を凹ませるために大切な3ポイント

 

運動種目比較による腹部アプローチレベル

 

運動種目別『筋肉負荷』と『全身運動負荷』の比較

 

抜群のプロモーションはヒップとウエストによって決まる

 

レディーススーツの似合う女性のプロポーションを目的としたトレーニング!

 

下腹部が出てしまうメカニズム

 

下腹部がぽっこりお腹になってしまうメカニズムは既に明らかにされており、筋力不足が原因と言われております。

 

骨・内臓・その他液体(血液・リンパ等)全て支えているのは、筋肉です。

90i89BB82CC89DF92F681i93F191AB95E08Ds81j

太古の昔に、四足歩行の猿が二足歩行の猿人類へと移ったのも筋肉の発達によっての進化だと言われております。しかし、二足歩行には問題がありました。

 

筋肉が衰えてくることで、内臓および関節を締めて固定することができずに腰痛や内臓下垂が発生してしまうのです。

内臓下垂について

通常、骨盤は垂直に近い形でキープされていますが筋肉の衰えにより徐々に、骨盤角度が後ろに傾いてきます。これを後傾といいます。

1234564

骨盤角度が後ろに傾むくことで、内臓が下がり骨盤自体が、お皿のように内臓を支えはじめます。内臓下垂の原因は、腹部と骨盤周辺筋肉の衰えにより内臓が下がり骨盤という後傾化した、お皿に落ちてしまうのです。

 

多くの方が腹筋トレーニングやランニングなどの有酸素運動を行いますが、効果は少ないでしょう。トレーナー村石は福岡・北九州の複数スポーツクラブで女性会員が、そのような運動を取り組み効果・結果が出なかったことを膨大な数の女性会員様から学び知り得ることができました。

 

次の項目は、基本となるトレーニングマニュアルだけでなく解剖学・トレーニング書籍から学ばせて頂いた内容なので熟読されてください。

 

下腹部を凹ませる為に大切な3ポイント

実は、下腹部を改善させるには順序と大切なポイントが存在します。こちらの記載がすべてだと言う訳ではありません。しかしポイントの一つとして考えて頂けると幸いです。

1.肥満の元となる体脂肪量の減少

 

筋力低下によって骨盤が後継化し、骨盤によって内臓を支え始めると体脂肪と内臓が一気に骨盤下の骨盤底筋群という筋肉群に負荷がかかります。

1addef04

まずは、その負担を軽くするために体脂肪量を減少させることが必要です。

 

スポーツクラブでは、先にピラティスやヨガなどで骨盤位置を正しい位置へリセットさせる方法をとる方が多いですが、脂肪によって圧迫された関節は可動域が少なく柔軟性に乏しい為、脂肪量減少による関節柔軟性をうながします。

 

2.骨盤位置リセットさせる為の筋力トレーニング

脂肪量を減少させても、骨盤が後傾化したままではスグに元に戻ってしまいます。

 

膝を上げる時に稼働する足の付け根の筋肉(腸腰筋=チョウヨウキン)とお尻の筋肉(殿筋=デンキン)にフォーカスして筋力トレーニングを行い、骨盤を後傾から垂直化させ、骨盤底筋群の負担を軽減させます。

Iliopsoas-crop

 

基本となるマニュアルでは、骨盤が後傾からの改善を促す場合、腸腰筋を鍛えることで骨盤が前傾寄りになると記載されております。

 

しかし、女性達の多くは前面の筋肉(腸腰筋)をトレーニングしても後面(殿筋)がゆるでいるままなので骨盤の締りが悪く、すぐに元に戻ってしまうため前面と後面の両面の筋力をアップさせることで、しっかりホールドさせます。

 

骨盤前傾寄りの効果はずばりヒップアップです! 骨盤が前傾化することでお尻が高い位置になり、フルーツの桃のようなキレイな形のお尻を生み出すことが可能です。

129_1316

※『世界美尻コンテスト』で優勝を勝ち取ったブラジルのメラニー・ヌネス・フロンコビアクさん(20)

 

アメリカやブラジルなどの地域の女性達は、生まれつき骨盤が前傾寄りですから日本人よりもヒップが高くみえます。※ただし前傾角度が過ぎると今度は腰の腰椎に負担がかかりますので注意が必要です。

 

では、日本人女性も『単純に足の付け根筋肉(腸腰筋)のトレーニングをすればヒップがキレイになるのか?』というとそうではありません。

 

事実、肥満女性のヒップはキレイな丸のピーチ型ではなく、脂肪が付着したピーマン型になっている女性が多くいらっしゃいます。

これは下半身の大きな筋肉をメインとするウェイトトレーニングから始め、ピーチ型・ピーマン型のヒップによってトレーニング種目を分ける必要がある為トレーナーの知識と種目のセッティングがどうしても必要となるのです。

※photo by pinterest(https://www.pinterest.com/marionjules/my-fitness-workout/)

 

3.内臓下垂を防ぐウエスト周辺の筋力トレーニング

ウエスト周辺の筋肉をトレーニングすることで、コルセットのように締めることで内臓や関節をキチンと固定させます。

 

スポーツクラブに通われる女性達は、上記に記載している1と2の『負担軽減の為の体脂肪減量』と『骨盤位置のリセット』を飛ばして『下腹部をへこませる為に腹筋運動』しか実行しない方が多く見受けられます。

しかし、1・2の作業を飛び抜かしてしまうと、仮に痩せたとしても下腹部が出たままとなり、ボディライン改善とは言えないケースを女性達から相談を受けることが多数ございました。

 

運動種目比較による腹部アプローチレベル

  ダイエットに励まれる女性達の中には『体重は減ったけれどウエスト数値がそんなに変化せずに困っている』という女性が多いようで、当スタジオにも主な契約理由として取り上げられます。

 

その為、貴方自身も体重減のみを目標としたダイエットではなく、『理想的なボディライン構築を叶えることにフォーカス(重要視)された筋肉負荷トレーニング』が重要です。

 

こちらの写真は20代女性で『海外セレブのようなシャープなウエストを作りたい』と希望されトレーニングに励んでいる方です。

このような多くの女性達が希望されるウエストライン構築には

 

アプローチ1:『筋肉へ日常生活以上の負荷を掛けているか』

 

アプローチ2:『改善目標部位(ウエスト)だけでない全身運動負荷』

 

この2つがとても重要です。よく通販などで腹筋器具などが一時期のみブームとなりすぐに下火になるのはこの2つが達成されていない為にボディラインが改善されていないのが現実なのです。

 

この2つの『筋肉負荷』と『全身運動負荷』は、世の中に出回っている運動種目の中でクリア(正しくアプローチ)出来ているかが貴方のボディラインを改善させる為に重要な部分です。

 

抜群のプロモーションはヒップとウエストによって決まる

女性達が望む『抜群のプロモーション』とはどういったボディラインを指しているのでしょうか?これは研究データがありますので抜粋致します。

 

アメリカの研究で、1920年代から最近までのミス・アメリカと『プレイボーイ』の表紙を飾った女性プロモーションについて年代別に分析した研究がありました。

※2016ミス・アメリカのベティ・カントレル

 

 

ミス・アメリカに選出されたり米誌プレイボーイの雑誌モデルを飾る女性達を年代別に分析したところ、体重などは時代経過と共に減少傾向ではありますがWHR(waist-hip-ratio)。つまり身体のウエストとヒップの比率が良い(くびれが良い)女性達が安定して選ばれていることを分析結果により明らかとなりました。

 

これは時代を超えて身体形状の美しさを規定する魅力的ルールと言えるものが体重よりむしろウエストのくびれではないか?という事を示唆する貴重なデータでした。

 

このように『ウエストとヒップの差』『体格指数であるBMI=自身の身長にあった適正体重』が魅力的に見える、時代が変わっても評価されている不変的な指標となっている為、当スタジオでは女性達にウェイトトレーニング指導による『ヒップ&ウエスト』の方針を提供しているのです。

日本におけるダイエットの大きな問題はダイエットブームで信憑性に欠けた情報が出回りやすいことです。

 

WHR(waist-hip-ratio)とBMI(body-mass-index)は魅力度を測る上で不変的な指標ですのでぜひ覚えておきましょう。

 

『体格指数であるBMI=自身の身長にあった適正体重』に関しては、別ページ『よくわかるBMIと腹囲について』にBMI(body-mass-index)と言われる体格指数として説明しておりますのでご覧下さい。

 

 

レディーススーツの似合う女性のプロポーションを目的としたトレーニング!

当社、ビューティーボディラボ博多ではダイエット成功者のビフォーアフター写真が横からの写真をメインとして採用しております。

 

これは『女性のレディーススーツのプロポーションがサイド視点が非常に重要である!』と女性経営者達から学んだからです。

当スタジオの企業コンセプト『本当に必要とされる、限られた時間の中で活躍する女性達へ結果を提供する』を元に女性経営者の方々へトレーニングを提供しております。

 

サイトページ一覧

当スタジオのロゴはティアラを採用。

 

ティアラの意味は『人に神性をもたらし、成功・地位・富をもたらす象徴』、『先祖への敬意の証であり、王族・一族の繁栄をもたらす象徴』とされ、サイトに訪問頂いた方々への願いとして採用しております。

 

弊社公式サイトは、契約をされなくても情報を提供し多くの方々に貢献出来るよう各種ページを揃えておりますので、どうぞごゆっくりご覧下さい。

 

【トップページ(HOME)】

【経営理念】 

【企業コンセプト】

★体験トレーニング者限定ページ★

★トレーニング契約者限定ページ★

 

お客様に対してどのような方針でトレーニング指導を行っているか説明しているページです。お客様御自身が本当にパーソナルトレーニングを必要としているかどうかお考えの場合は、こちらのページをご覧下さい。

記載内容が厳しく書かれておりますが、お客様の為にセールストーク無しで記載しております。

 

【プロフィール】

【将来のリスク回避対策】

【年齢別ダイエット難易度レベル】

17店舗もの運動施設にて会員様から質問された内容を元に作成しております。

 

『年齢が上がるごとにダイエットが難しくなるのはなぜ?』・『運動施設や指導者の選び方のコツは?』・『運動種目によってダイエット効率の違いはあるの?』などの質問に対して各分野にわけて作成しております。

 

ココのページは未契約の方でも特に閲覧数の多いページですので、御自身の勉強として閲覧されて下さい。

 

【初めての方へ】

【他ダイエット種目との比較】

【体脂肪1kg減量に必要な運動】

【食事習慣サポート方針の比較】 

【トレーナー&運動施設の選び方】

【よくわかるBMIと腹囲の説明書】

 

当スタジオの経営スタイルと専門分野について説明したページです。

ボディラインだけでなく健康診断なども気になっている方はこちらのページをご覧ください。

 

【トレーニング&経営スタイル】

【なぜヒップ&ウエスト?】

なぜウェイトトレーニング?】

【ダイエットになぜ血液検査?】

【お客様達のトレーニング風景】

【わかりやすい血液検査の説明書】

 

弊社スタジオにて実際にトレーニングされた女性達の運動結果です。

 

御自身だけで運動しても『体重は減ったけれどウエストが変わっていない・・・』などの質問がよくございますので、写真と比較して結果をチェックしてください。

 

【ダイエット写真:Before&After】

【ダイエット後のウエスト数値】

【ダイエット後の血液検査結果】

 

 

弊社は県外市外からもお客様がトレーニングに来ておりますが、こちらのページで『ボディラインの改善には結果が伴う確実性』が重要である事を勉強してゆきましょう。

 

【お客様の声】

【習慣タイプ別診断テスト】

【お客様達のトレーニング風景】

 

弊社スタジオの料金案内やスタジオ住所についてです。

単純にトレーニング指導するだけでなく、女性達が無駄なく結果出せる工夫としての内容を記載しておりますので、どうぞ閲覧下さい。

 

【料金システム】

【地図のご案内】

【その他サービス】

【よくあるご質問】

 

 

完全個室パーソナルトレーニングスタジオ:ビューティーボディラボ博多では、契約有無に関わらず他の運動施設にて運動に励む方々の身体に関する『ご質問』・『お悩み』などの相談を承っております。お気軽にお問合せ経由で御質問下さい。

 

inquiry

 

〒810-0004

福岡市中央区渡辺通1-1-2

ホテルニューオータニ博多 5階

 

美魔女専門トレーニングスタジオ

Beauty Body LAB博多

『ビューティーボディラボはかた』

福岡市地下鉄 渡辺通駅から徒歩1分西鉄バス 渡辺通一丁目サンセルコ前より徒歩1分

【Yahoo地図で場所をチェック】

【Google地図で場所をチェック】

 

 

TOPへ戻る
Top