福岡天神 パーソナルトレーニング ダイエット 美魔女 隠れ肥満

ビューティーボディラボ博多

年齢別ダイエット難易度


 

このページでは『自身の運動継続』と『年齢や個人によるダイエット難易度レベル』を現実的に把握するページです。

 

結論から単刀直入に述べると『40代・50代がボディラインを改善させるラストチャンス』だと意識しておいて下さい。

 

これは、運動種目関わらず筋肉へ負荷の高い運動をされていない40代・50代全般に言えることです。

 

LINE画像は当スタジオにて体験トレーニングをされた40代後半女性

トレーニング研究に基づいて述べるならば、筋力トレーニングは70代・80代であっても筋力は向上しますので、ボディラインの改善は十分に可能といえます。

 

しかし、現実問題そのトレーニング研究&理論結果を阻害する環境要因が存在します。それを現実的にキチンとお伝えするのがこのページですのでしっかりとご覧下さい。

 

肥満であっても生活に支障がない落とし穴

一般的に考えると『痩せる=ボディライン改善』は女性にとって重要ではありますが緊急性はありません。

 

実際に、肥満体型であっても家庭やビジネスにさほど支障がないはずです。

 

しかしながら、肥満体型による生活習慣病や重大な疾患によって私生活に支障をきたし始めると理解した途端にバタバタ運動=早急にダイエットを始める方がいらっしゃいます。

 

問題を放置していた女性達は、肥満体型と疾患(病気)を一緒に改善させようとしますが、残念ながら一石二鳥で解決出来るのは難しいのが現実です。

 

国や地方自治体では、早めに予防策を講じてもらえるように健診ガイドなどで注意を呼びかけております。

 

この健診ガイドで重要なのが生活習慣病にかかりやすい年齢が記載されていることです。まずこの年齢を把握しておいて下さい。

 

なぜ年齢と環境によってダイエット難易度が上がるのか?

スポーツクラブなどの運動施設に通われる方々も、年齢比例と環境によるダイエット難易度の上昇は、なんとなく理解しておりますが『なぜ上昇するのか?』を理解はしていません。

 

これは当スタジオのお客様ケースでご説明させて頂きます。

 

30代女性ですが専業主婦でお金・時間の余裕があるにも関わらず『ダイエット難易度』が跳ね上がった方です。福岡県外のお母様が『高血圧症状で血管破裂による入院で毎日サポートが必要になったのでトレーニングを休止させて下さい。』とご連絡を頂きました。

 

貴方は、運動方法や食事改善方法などでダイエットもしくは運動施設を探しているかもしれませんが、まさかこんなアクシデントで自分のボディライン改善がストップしてしまうとは誰も予想しておりません。これが私がお伝えしている『ダイエット難易度』です。

 

 

この図は、複数の運動施設を経験させて頂き様々な女性会員層から導き出した『お客様の年齢別ダイエット難易度レベルグラフ』です。

 

LEVEL :20代~30代に多い私生活をおろそかにしたことで発生する肥満。まだ時間・身体に余裕があり即座に改善可能(生活不摂生)

 

LEVEL :30代~40代に多く家庭持ちによって自分の時間がなくなり、自身の身体改善まで手がまわりにくくなる(育児・ビジネス多忙化)

 

LEVEL :40代~50代に多い、様々な人間関係との付き合いと共に身体のケアに手がまわらなかった疾患者・故障者が増え始める(生活習慣病・金銭問題)

 

LEVEL :50代以降に多い、それまでの環境に加え身体故障・疾患の早急な改善に努めなければ生活に支障をきたすレベル(疾患・故障・介護)

 

仮に『バタバタ運動を始めた場合』を想定しても簡単にはダイエットが成功出来ない理由がこのグラフからわかります。

 

ダイエットが年齢が重なるごとに成功しにくくなる大きな要因は、環境が重なることによる多忙です。

 

先程LINE画像の30代女性は、ダイエット難易度グラフで表すと『20代〜30代で時間・身体に余裕があるレベル1』と非常にダイエット成功確率が高かったお客様です。しかしお母様のケア(他人サポート)によって一気に『人間関係の付き合いによるレベル3』までダイエット難易度が跳ね上がり、多忙化によってダイエットに手が回らなくなったケースです。

 

 

では50代の女性だと、どうなるのでしょうか?

 

実際のケースでお話しすると『自身のボディラインよりも疾患・故障の改善が早急に必要な難易度レベルⅣ』がこちらです。

 

 

 

私がこのページで最初に『40代・50代がボディラインを改善させるラストチャンス』と述べたのは、年齢を重ねるごとにダイエット難易度を跳ね上げる要因が浮上することを現実的にお伝えしている為です。

 

身体を動かす運動器である骨・筋肉・関節・軟骨に不都合な障害が起こることをロコモティブシンドロームと呼びます。女性は特に閉経後の骨密度低下による、骨折などで入院→身体能力低下のキッカケを引き起こすものとして注意が必要です。

『医者が教えない健康ホントの話』より記載。2017125日記載許可依頼

 

つまり本当にボディラインの改善を考えるならば、年齢だけでなく貴方自身の『周囲の人間関係』・『自身の疾患や故障』まで先にチェックしてダイエットに挑戦するタイミングを把握しておかなければ、いつダイエット休止・中断を余儀なくされてもおかしくないのです。

 

先程の方のように運動に支障をきたす故障で都合の良く考える方々が多くいらっしゃいます。私の知人ケースで言えば『膝改善とダイエット両方同時に出来る』と思っているケースです。

 

残念ながら、身体に支障をきたしている状態からのダイエットは『膝の改善』・『体重減のダイエット』そして『ボディラインの改善』と二度手間・三度手間で行わなければならないのです。

 

 

このようにボディラインを本当に磨く気があるのであれば、年齢や時間が経過するごとに貴方自身のボディライン改善タイミングが刻々と終わりに近づくことを意識しておくことが大切です。

 

これはダイエット本などには記載されておらず私が12年以上、17施設ものスポーツクラブを始めとする各種運動施設で実際に見て来た現実です。

 

このように本人が若く健常者であってもダイエット難易度が跳ね上がる要因は水面下にいくつも存在しているのです。

 

もちろん個人のケースによって重なる環境要因は違いますが、これらが重なる程に

 

『ボディラインをなんとかしたいけれど、忙しく時間が無くて動くに動けない』

 

『育児・介護に加えて自分のビジネスで自分のダイエットにまで手がまわらない』

 

このような世代があっという間に増えるのです。誰もが好きでボディラインが崩れた訳ではないはずです。

 

『あなたの健康を妨げる要因によって、改善する兆しが見えない状況まで陥ってしまった。』というのが私がフィットネス業界でみてきた見解です。

 

これらのグラフからわかるのは『実質、ボディラインを改善させる目的としたダイエットは40代・50代がとても重要』と言える点です。

 

この危険意識を持たない方々に注意を促しているのは厚生労働省も同様です。

 

その年齢層以上は、生活習慣病などの疾患・膝肩腰などの故障を特に最優先化させなければなりませんので、ボディライン改善の優先順位が落ちてしまいます。

 

もちろん疾患・故障の症状によってはウェイトトレーニングと並行して体重減と症状改善が可能ですが、全て可能とは言い切れないからこそ早急なボディライン改善の対策を早めに打つ必要があるのです。

※2019年、福岡市博多区配布『健診ガイド』より画像引用

それでは、このページで話した内容をまとめてみましょう。

 

Point1.

肥満体型で私生活に支障をきたしていないボディライン改善は『重要だけど緊急性はない』

 

私生活に支障をきたし始めた疾患・故障の改善『重要であり、かつ緊急性がある』、さらに『痩せる&病気治療の両方改善は難しいのが現実』

※2019年、福岡市博多区配布『健診ガイド』より画像引用

 

 

 

Point2

ダイエットが年齢が重なるごとに成功しにくくなる大きな要因は、環境が重なることによる多忙。

LEVEL Ⅰ:20代~30代に多い私生活をおろそかにしたことで発生する肥満。まだ時間・身体に余裕があり即座に改善可能(生活不摂生)

 

LEVEL Ⅱ:30代~40代に多く家庭持ちによって自分の時間がなくなり、自身の身体改善まで手がまわりにくくなる(育児・ビジネス多忙化)

 

LEVEL Ⅲ:40代~50代に多い、様々な人間関係との付き合いと共に身体のケアに手がまわらなかった疾患者・故障者が増え始める(生活習慣病・金銭問題)

 

LEVEL Ⅳ:50代以降に多い、それまでの環境に加え身体故障・疾患の早急な改善に努めなければ生活に支障をきたすレベル(疾患・故障・介護)

 

『実質、ボディラインを改善させる目的としたダイエットは40代・50代がとても重要』

 

 

 

以上が、年齢ごとのダイエット難易度レベルについての説明です。私達パーソナルトレーナーの必要性を御理解頂けましたでしょうか?

 

最初に述べた『40代・50代が事実上、ボディラインを改善させるラストチャンス』だと貴方は認識していますか?

将来を予測し、自分自身をより良い未来へと舵を切らなければ膨大な女性達が水面下に潜む氷山の一角にぶち当たってしまいボディライン改善どころではなくなるのです。

 

私は運動指導者の立場から女性達が・・・

 

『まさか自分が生活習慣病だなんて・・・!!』等の事実を目の当たりにして、運動施設と病院の行き来で一日が終わったりする女性達を数多くみてまいりました。

 

 

当スタジオにて体験トレーニングをされた40代後半女性

 

当スタジオにて休止中の30代専業主婦

 

当スタジオではこのように、現実的視野に基づいて早めのボディライン改善ご提案を努めております。

 

ビューティーボディラボ博多では、人生の先輩方に『ダイエットを励もうと思ったけれど、気づいたら遅かった。』にならないよう早めの運動スタートを推奨しております。

 

週1回1時間美魔女筋トレ
『Beauty Body LAB博多』

 

 

【トップページ(HOME)】

 

【経営理念】

 

【企業コンセプト】

 

 

【初めての方へ】

 

【指導者プロフィール】

 

【選ばれている5ポイント】

 

【年齢別ダイエット難易度】

 

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

【お客様の声】

 

【血液検査数値の変化】

 

【ダイエットビフォーアフター】

 

【ダイエット後のウエスト数値】

 

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

【週1回1時間モデル向け運動指導】

 

【他ダイエット種目との比較】

 

【なぜウェイトトレーニング?】

 

【体脂肪1kg減量に必要な運動】

 

【よくわかるBMIと腹囲の説明書】

 

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

【料金システム】

 

【地図のご案内】

 

【その他サービス】

 

【よくあるご質問】

 

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

美魔女専門トレーニングスタジオ

Beauty Body LAB博多

『ビューティーボディラボはかた』

メールアドレス:info@beautybody-hakata.com

 

〒810-0004

福岡市中央区渡辺通1-1-2

ホテルニューオータニ博多 5階

福岡市地下鉄 渡辺通駅より徒歩1分

西鉄バス 渡辺通一丁目サンセルコ前より徒歩1分

『拡大地図を表示』を押すとgoogle mapが出ます

 

TOPへ戻る