福岡市博多,運動継続,初心者,24時間ジム

ビューティーボディラボ博多

24時間ジムや初心者向けスポーツクラブでは、なぜ運動が継続出来ないのか?

読了までの目安時間:約 18分

本日の記事は、『24時間ジムや初心者向けスポーツクラブでは、なぜ運動が継続出来ないのか?』についてです。

 

福岡市でも初心者向けスポーツクラブや24時間ジムをよく見かけるようになりました。

 

博多区東比恵からマラソンをスタートして1時間程度走れば、運動施設が8店舗も見かけることが出来ます。マンションテナントに入っている個人経営スタジオも計算するともっと存在しているでしょう。

 

そんな福岡市も全国レベルで例外なく、フィットネス施設である現象が見受けられます。

 

それは、ジムをやめられる退会率の多さです。特に24時間ジムは、『個人レッスンやグループレッスンが無く、個人でお好きに運動してもらう』というスタイル主体なので入会から退会までのスピードが早いことが運動施設側にとって、重要な課題となっております。

 

これは単純に24時間ジムはフランチャイズで、他大手ジムと比較しても宣伝力に差があるからではなく『勤務スタッフ自体の指導力や結果に対する情熱』だと私は感じております。

 

実際に全国へと展開し、運営しているスポーツクラブでもスタッフの取り組む姿勢によって店舗の売り上げが全く違うという明らかな差が出ているのです。

 

この部分は、一般の消費者の方々は非常に分かりづらく『どこのスポーツクラブも同じように見えるよね〜。』と勘違いしても仕方のない部分です。しかしこの部分を把握しておくことが消費者の立場である貴方自身がダイエット結果を得るために必要な部分だと感じます。

 

今回のブログ記事では、運動施設におけるスタッフの取り組む姿勢と、貴方自身が本気で取り組む価値のある運動施設とはどのようなもの?についてお届けしますので、どうぞご覧下さい。

 

外見だけは上手になってしまった運動施設

 このブログを記載しようとしている時点で、北九州・福岡で20店舗以上のスポーツクラブで経験させて頂き、フィットネス業界に携わり10年以上が経過しました。

 

北九州の大手スポーツクラブに在籍していた際、信仰の深かったヨガの先生で博多駅周辺にも出店された方が言っていた言葉が

 

『今の子たちは、外見上指導力があるかのように魅せるのには長けている。でも将来的に何かにぶち当たる気がしてならない。』

スタッフ時代に聞いた事なので、私はその時は何も考えず『ふ~~ん。そんなもんなんだ。まぁ今の若い子達って本気で取り組もうとしている人って少ないしね。』と私自身そんなに気にも留めていませんでした。

 

そして数年経過し、北九州から福岡へと独立してパーソナルトレーニングスタジオとして運営して、その熟練ヨガインストラクターの言葉が今ほんとうに突き刺さっているのです。

 

『何かにぶち当たっている』というのは、フィットネス運動施設を運営するどの店舗も『顧客にダイエット結果を提供できていない』という非常に深刻な問題にぶち当たっているのです!

 

私がフィットネス業界に入った頃は、まだ24時間ジムや初心者向けスポーツクラブなどは存在しておりませんでした。

 

一般人の消費者には見えない部分ですが、消費者側である貴方にも明らかにわかる点は『顧客にダイエット結果を提供できない運動施設が本当に増えた!』という点です。

福岡市博多区&中央区を1時間ランニングするだけで明らかに8店舗ものジムが存在する飽和状態です。

 

運動施設飽和状態であるにも関わらず、生活習慣病の患者数は未だに右肩上がりな状態は、私がスタッフ時代にヨガインストラクターの先生がおっしゃっていた『何かにぶち当たる』に本当にぶち当たっているのです。

 

一般消費者側であるブログ閲覧して頂いている貴方が『本当にダイエット結果や成果を求めて運動を始めたい!』と願うなら、私は『キチンと顧客にダイエット結果を提供している運動施設であるかどうかをしっかり見定めてから契約するべき!!』とハッキリ断言しておきます。

 

まずは、なぜそのような運動施設が増えたのかを一緒に勉強してゆきましょう。

 

ジムに勤務しているにも関わらず当たり前のようにジャンクフードを持ち帰るスタッフ達

 北九州の大手ジムから福岡のスポーツクラブへ勉強に移った私が目にしたのは、平気な顔をしてマクドナルドやスターバックスなどの『本来、ダイエット指導や運動指導する側の指導者が食べてはいけないもの』をスポーツクラブの事務所休憩室へ持ち帰って食べている姿です。

 

私自身は、大手ジムで先輩達からジム内へジャンクフード持ち込みは注意されておりましたので、これには唖然としました。

私は、そこのジムに入ったばかりの人間なので何も注意はしませんでしたが明らかに違和感は感じました。

 

私同様、ヨガインストラクターの先生も福岡市博多区へとヨガスタジオオープンで福岡へ活動拠点を移動しており、福岡市東区にある別のスポーツクラブへスタッフ達にヨガ指導を行っておりました。

 

そこで、ヨガの先生がスタッフを指導して感じ取ったのは、『本気でヨガを習おうという姿勢がまったく感じられない。食事も外でジャンクフードで済ますなんて運動施設の本来の姿ではない。』

 

『でも、顧客に実際に指導している姿は外見上インストラクターとして指導している。』と語っておりました。

 

福岡市は、北九州市よりも確かに都市として栄えておりスポーツクラブの近くに歩いていける距離でマクドナルドやスターバックスが存在しています。だからと言って運動施設側の人間が食べて良いかどうかは別問題です。

 

 福岡市東区で居酒屋を経営している知人男性からは、こう言われました。

 

『なんか最近のスポーツクラブで働いている人達ってそんなに痩せてないね。この前ジムの人達が新年会か何かで集まって店を予約してくれたけど、結構太っている女性スタッフが多かったよ。』

 

ヨガの先生の話しだけでなく、この居酒屋経営の知人男性からの話しを聞いて、私自身は『何かいやな予感がする・・・』と感じました。

 

そして嫌な予感が的中したのは、私自身が福岡へと活動拠点を移動して初心者向けスポーツクラブで勤務してからでした。

 

見せかけの指導力で動くことが出来ないスタッフ達

 福岡へと移動して、インストラクター面接でスタッフを実際にエアロビクスなどで動かしてみてみるととんでもない事がわかりました。

 

なんと『会員ではなく、スタッフ達自体がレッスンの動きについてゆけない!』という状態だったのです。しかも私が働き始めた福岡市東区の1店舗だけでなく面接にも訪れた福岡市博多区のジムも同様でした。

 

エアロビクスは確かに経験が伴いますので、動けない方もいらっしゃいますがインストラクターとして顧客の前に立っている指導者スタッフが出来ないのは重症です。

 

しかも動けない種目は、エアロビクスだけではありませんでした。なんとスイミングも四泳法(クロール・背・平・バタフライ)が泳げない方が居たのです。そして恐ろしい事に、その四泳法泳げないスタッフが会員様や小学生を対象とする子供スイミングを指導していたのです。

 

会員様はもちろん気づいていました。『プールの有料プログラムを申し込んでも、どのスタッフも世間話ししかしないし貴方みたいに理論的に教えてくれる人いままでいなかった!』

 

と言われましたが、子供水泳教室に関しては親が気づいていない状態です。

 

その環境に私は、慣れることができずにその初心者向けスポーツクラブを退職しました。退職理由は『初心者向け運動施設ではなく、実際に提供している運動施設のスタッフが初心者だったから!』です。

 

私自身は、顧客へ結果や効果を提供する立場の指導者として勉強してきた人間だったので、そのような方々とはビジネスの方向性が全く合わなかったのです。

つまり、今まで話した内容を簡潔まとめるならば『運動施設側のスタッフ達が健康に気をつけておらず、指導力もない、結果にもこだわっていない環境で、顧客である貴方は努力しようとしている!』という訳です!!

 

運動が継続できる運動施設とそうでない運動施設の見分け方

 先程お話ししたのは、『運動が継続できない運動施設』です。貴方自身が仮に本気であってもジムスタッフ達がジャンクフードを事務所へテイクアウトし、指導力もなく、貴方を本気でダイエット成功させようという気が無いのです。私が顧客の立場でも絶対にそんな運動環境のジムには通いません。

しかし、そのような運動施設は意外にも非常に多く先程お話しした通り、努力せず手を抜いていたとしても『見せかけの指導力でレッスン指導を行っている』という状態です。

 

ハッキリ言えば『パッと見、一般消費者である貴方には結果にこだわって運営しているジムなのかそうでないかの見分けがつかない』という状態です。

 

そんな貴方に、『結果を提供する運動施設かどうかを見分ける方法』をお伝えします。これは一般消費者の目から見ても明らかにわかるシンプルかつ確実なチェック方法です。

 

そのチェック方法とは、『レッスン指導者と一番最前列に居る会員様との技術力を比較すること』です。

 なぜ、インストラクターと最前列顧客の二者を比較するべきなのか、詳しくご説明しましょう。

 

まずグループレッスンを提供するインストラクターは、レッスンを会員様へ動きを導くので『勉強しており、動きが明らかに上手であること。つまり努力が目に見えてわかる』という状態が大前提です。

 

そして『他顧客よりも動きが良くボディラインも引き締まっている顧客が一番最前列に参加している』という状態が、良い運動施設であり貴方に結果を提供してくれる良い運動施設です。

 

シンプルにわかりやすく表現するならば、『熟練した指導者の元に、目の肥えた熟練した会員様が集まっている』という状態が良い運動施設である証拠なのです!

 

もっと詳しくご説明すると、スポーツクラブのタイムテーブルにレッスン名とインストラクター名が張り出され、会員様はそのレッスンに参加します。

 

熟練したずっと通っている会員様ほど、レッスンの採点には厳しくインストラクター技術の高いレッスンにしか入りません。なぜなら、初心者がやるようなレッスンは時間の無駄だからです。

 

その為、結果の出る運動施設のグループレッスンには『技術力の高いインストラクターと、その動きについてゆける熟練会員様が参加する』というバランスのとれた図式が生まれます。

 

 では、貴方に結果を提供しない運動施設はどうなのか?と言うと『インストラクターよりも会員様の方が上手。もしくは会員様の方がボディラインがキレイ。』というアンバランスが発生します。最悪の状態は、『ベテラン会員自体が参加しないレッスン』もありえます。

 

大手スポーツクラブは採用するインストラクターのボディライン採点基準が存在する為、『指導者よりも会員様の方がボディラインがキレイ』というケースにはなりません。採用する時点でボディラインに難がある指導者は採用不可となるからです。しかし初心者向けジムは違います。初心者向けジムでは『多少太っていてもレッスン出来ればOK』というスタンスです。

 

その為、グループレッスンを導いている指導者が『勉強せずに見掛け倒し』というレベルに対して、ベテラン会員は『ジムを数店舗ハシゴしている。もう数年間、何十人ものインストラクターのレッスンに参加している』という猛者ばかりです。

 

そのアンバランスな二者が組み合わさると、会員様の目から見た場合おかしな話しですが『グループレッスンの指導者よりも、会員様の貴方が指導した方がレッスン指導上手いじゃないの??』という状態に陥るのです。

 

アンバランスな状態を表現するならば『指導者よりも会員様の方がエアロビクスやダンスの動きにキレがある』・『ボディラインが指導者よりも会員様の方が引き締まっている』という状態です。

 

つまりグループレッスンというのは本来、『インストラクターの指導力と参加している会員の運動能力のバランスが取れている状態』であり、その二者がどちらも高難易度であるにも関わらず動きにキレがあったりポーズが上手などのバランスが運動施設自体のレベルの高さを物語っているのです。

 

もっとシンプルにハッキリ言えば、インストラクターの先生方の能力の高さがスポーツクラブを支える屋台骨と言っても過言ではないのです!!

 

ベテラン会員が入らないレッスンが多すぎる運動施設は赤信号

 インストラクターの先生方の指導能力は、1つの店舗内でも差が見受けられます。しかし、熟練会員様達が入らないレッスンが多すぎる運動施設は赤信号だと思って下さい。

 

先程の『ベテラン会員様の方が上手&ボディ引き締まっている』というアンバランスな状態でも、まだベテラン会員様が『そのレッスンに時間を割くだけの価値がある』と見なしているので運動施設の価値は高いと判断できます。

 

問題なのは、『どのレッスンにも熟練会員など居ない』という運動施設です。

 

これは、私自身のケースでお伝えしたいと思います。私がインストラクターとしても活動していた頃の話しです。

 

トレーナー活動を軌道にのせるために、インストラクターを交代させ別の先生が指導するようになりました。ある日、私のレッスンに入っていた動きのキレがよく最前列に居たベテラン会員とお会いする機会があったので軽くお話ししました。

 

『お久しぶりです~!次、入られた先生のレッスンどうですか??』と私が聞くと、ベテラン会員様は冷めた反応で・・・

 

『あぁ、次の先生のレッスンはもう誰も入ってないですよ。全然汗かけないし動きも下手だし時間の無駄だもん!!』とアッサリ一刀両断( ´゚д゚`)アチャー

 

貴方がダイエットに対して本気であり、結果にこだわっているのと同じようにベテラン会員も同じ道を歩みました。そしてベテラン会員達が極めたのが『無駄な運動に時間は割かない』というある意味悟りの境地です。

 

ベテラン会員様は、ヘタクソなインストラクターに対してはホンット冷たくて心折れる存在ですがある意味、運動施設レベル及びインストラクターレベルを正確に判断してくれます

 

私自身、大阪・東京・名古屋などの都市部スポーツクラブのレッスンに参加しても同様の結果がみられ、ベテラン会員様の参加するレッスンは結果の出やすい価値のあるレッスンばかりでした。汗かきすぎてTシャツが足らない時も多々ございました。

 

貴方自身がもしダイエットに対して本気であり、成果や結果に期待できる運動施設を探しているのであれば『レッスンインストラクターとベテラン会員』をじっくりと観察すれば良いのです。

 

清流のキレイな場所に、キレイな魚が住み付くように熟練した会員様達はキチンと結果をもたらしてくれる場所を見つけてそこに住み付いているのです。

 

本日のブログを総括すると、『運動施設側のスタッフ達が健康に気をつけておらず、指導力もない、結果にもこだわっていない環境で、顧客である貴方は努力しようとしている!』

 

そして、『本当に結果や成果が得られる、貴方の本気を出す価値のあるスポーツクラブは指導力あるインストラクターとベテラン会員が棲みついている。』という訳です。

 

ぜひ貴方の本気が成果として得られる運動施設で、運動が継続出来るように頑張ってゆきましょう。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

福岡美魔女ボディメイクスタジオ ビューティーボディラボ博多

福岡市のホテルニューオータニ博多5F、 隠れ肥満の女性を美魔女へと運動指導を行うボディメイクスタジオです。

当スタジオのサービス内容はこちらのトップページからご覧下さい

 

お客様のトレーニング&ダイエットの写真100枚以上表示はこちらから!

     

ウエスト&ヒップを中心にモデル体型へ運動指導。胸はそのままウエストだけを締めたい女性へ

 

『胸をキープしてウエストだけ細くする為の、努力が必要な現実的提案』

 

福岡天神渡辺通り沿い
ホテルニューオータニ博多5F

 

週1回1時間美魔女筋トレ
『Beauty Body LAB博多』

 

【トップページ(HOME)】

 

【経営理念】

 

【企業コンセプト】

 

 

【初めての方へ】

 

【指導者プロフィール】

 

【選ばれている5ポイント】

 

【年齢別ダイエット難易度】

 

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

【お客様の声】

 

【血液検査数値の変化】

 

【ダイエットビフォーアフター】

 

【ダイエット後のウエスト数値】

 

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

【週1回1時間モデル向け運動指導】

 

【他ダイエット種目との比較】

 

【なぜウェイトトレーニング?】

 

【体脂肪1kg減量に必要な運動】

 

【よくわかるBMIと腹囲の説明書】

 

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

【料金システム】

 

【地図のご案内】

 

【その他サービス】

 

【よくあるご質問】

 

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

ビューティーボディラボ博多では、契約有無に関わらず他の運動施設にて運動に励む方々の身体に関する『ご質問』・『お悩み』などの相談を承っております。お気軽にお問合せ経由で御質問下さい。

 

inquiry

 

〒810-0004

福岡市中央区渡辺通1-1-2

ホテルニューオータニ博多 5階

 

美魔女専門トレーニングスタジオ

Beauty Body LAB博多

『ビューティーボディラボはかた』

 

福岡市地下鉄 渡辺通駅から徒歩1分西鉄バス 渡辺通一丁目サンセルコ前より徒歩1分

『拡大地図を表示』を押すとgoogle mapが出ます

 

タグ :   

運動施設関連

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る